レトルトカレー博物館


 東北地区は良質な牛肉の産地である。レトルトカレーも一見して目に付くのは各地の牛肉ブランド商品。米沢牛のカレー、前沢牛のカレーなど名前を聞いたり、パッケージを見たりするだけで美味しさが十分伝わってくるタイプの商品が揃う。  また、仙台の牛タン、天元豚などもあることも忘れてはならないし、伊達のシャモや福島のイノシシなどもある。これらの商品は農場や牧場が数多く存在することから必然的に生まれてきたものであり、小岩井農場のビーフ、チキン、チーズのように農場ブランドのレトルトカレーで各種揃えているケースもある。三陸のカキや青森のリンゴなどの酪農系以外の商品も存在するが、やはり、土地の特徴を生かすのであれば、農場シリーズ、牧場シリーズのカレーがラインナップされてきたら面白いのではないか。
 その他に、東北が日本に誇れる産物と言えば米がある。思いきった発想の転換で、カレーではなくご飯に着目してみてはどうだろう。『ササニシキに合うカレー』、『コシヒカリで食べるカレー』などちょっと不思議な感じがして面白い。そんな商品たちが登場し始めたらよりカレーの可能性が広がるかもしれない。


日本のレトルト食品文化 | 北海道 | 東北 | 関東 | 北陸・甲信越 | 中部 | 関西 | 中国・四国 | 九州・沖縄




1つ上にに戻る

カレー博物館トップへ