レトルトカレー博物館

中国・四国
 海の幸に恵まれた中国四国地方。当然魚介類をいかしたレトルトカレーが数多く発売されている。しかも、この地域は全国的にも珍しい魚介を特産物としているケースが多い。その結果、他では真似できない見事なラインナップが実現しているのだ。
 筆頭は山口県のくじらカレーだろう。くじら肉はかつて大量に市場に出まわったものだが、近年捕鯨に関する規制が厳しくなったおかげで家庭の食卓などに現れることはほとんどなくなってしまった。それだけにこのカレーの希少性は高い。その他、ふくカレーというのもある。『ふぐ』ではなく『ふく』である。味的には淡白な魚だから、カレーソースには合わせやすかったのだろう。島根県ではさざえのカレーがある。赤い背景に緑色にデザインされたさざえが映える特徴のあるパッケージ。『島じゃ常識』というコピーが面白い。ネーミングが先か、味が先か、と考え込んでしまうような商品が、『どんちっち鰈カレー』。カレイのカレーはやはり駄洒落と解釈するべきなのだろうか(笑)。それから忘れてはならないのが広島のかきだろう。これはもう定番。全国的にも有名で、数々のメディアで紹介されている代表作である。
 魚介類のカレーの難しい点は、魚の臭みがソースに移ってしまうのを防ぐこと。例えば『どんちっち』のように別パックに加熱、加工した鰈を添える方法などは斬新なアイデアだが、この点さえクリアできれば、カレーに使えない魚介類はない(!)わけだから、是非この路線で突き進んでもらいたい。また、四国からのユニークな商品の出現を待ちたい。例えば、土佐のカツオなどはかなりいい素材なのではないか? 単純にカツオが具として入っていてもいいし、カツオのたたきが真空パックの別添えでついていてもいい。鰹節で出汁を取ったカレーを作ればスリランカ風の美味しいカレーができそうだ。魚介だけに焦点を当ててもまだまだアイデアは尽きないだろう。


日本のレトルト食品文化 | 北海道 | 東北 | 関東 | 北陸・甲信越 | 中部 | 関西 | 中国・四国 | 九州・沖縄




1つ上にに戻る

カレー博物館トップへ