横浜とカレーの関係は1859年の開港までさかのぼります。横浜には、日本の玄関口として、欧米の様々な生活文化が入ってきました。牛乳・パン・アイスクリーム等の洋食文化も横浜から全国に広がりました。その中には、スパイス(いわゆるカレー)や西洋野菜もありました。
1872年には日本で初めて『西洋料理指南』『西洋料理通』の2つの文献にカレーのレシピが登場し、初めは、中国人が作った長ネギを使い、肉の代わりにカエルを使ったカレーなどがあったようですが、その後、研究・改良が重ねられカレー文化は日本中に広がっていきました。
そんな横浜が開港150周年を前に"ハマカレー"を誕生させます。横浜はカレーの原点なのです。

ハマカレープロジェクトとは
あなたの創るハマカレー大募集!
ハマカレー創作料理人 エントリー
 ・エントリーフォームはこちら
 ・エントリー用紙(PDF)はこちら
「ハマるカレー」 の応募
 ・応募フォームはこちら
 ・応募用紙(PDF)はこちら

お問合せ先:ハマカレー制作委員会事務局
・TEL:045-243-6274 FAX:045-250-0835
・E-mail:[email protected]