当店は、大阪ではじめての洋食屋(昔は、西洋御料理店と呼ばれた)として明治四十三年に、ミナミの千日前で創業された。
ちょうどその当時、店の前には楽天地と呼ばれる大衆娯楽場があり、それはもうにぎやかなもので、山高帽に絣の着物を着、下は下駄履き。
今では「ぷぷっ」とふきだしそうな格好で人力に乗り、演劇や活動写真(映画のこと)を観たあと西洋料理店に入り、カブトビール片手にカツトレツト(カツレツ)とライスカレーを食べる。テーブルのわきにはウスターソース(当時としてはとても高価で、まだ醤油が一般的であった。)が置いてある。それに恐る恐る手を伸ばし、全ての料理にソースをかける。「あー、最高!わしもいっぱしの文明人!ハイカラや!」と、きどった姿が今も目に映る・・・。

 

ハイシ肉と言われるスジ肉と鶏がらを長時間煮こみ、数日かけて完成する伝承仕込みの秘伝カレールウと、御飯とをフライパンで混ぜ合わせる「せんば 自由軒」独自の混ぜカレー。
800円
(大盛)950円
(お試し)500円
●カレー
・名物インデアンカレー
創業から変わらぬ味を現代に。大阪名物「混ぜカレー」が今ここに。
800円
(大盛)950円
(お試し)500円

・カツカレー(中辛、辛口)
スプーンで切れる位やわらかく、豪快な大きさのカツが乗った一品。ボリューム満点。
1,000円
(大盛)1,150円
・カニクリームコロッケカレー(中辛、辛口)
クリーミーなコロッケの上にズワイガニの身をトッピング。
1,000円
(大盛)1,150円
・エビフライカレー(中辛、辛口)
有頭エビが丸ごと一匹入った贅沢カレー。
1,150円
(大盛)1,300円
・よいこのカレー
男の子、女の子用で少し違うよい子の為のお子様メニュー。
550円
●サイドメニュー
・サービスセット(スープ・サラダ付)
200円
●ドリンク
・昔なつかしのラムネ
250円
・モルツビール
350円
・ギネスビール
500円
・ソフトドリンク各種
各250円

 
●大盛り/各150円増し
CLOSE