はじめに
昨年2003年、横浜のご当地カレーを創ろうとスタートいたしました「ハマカレープロジェクト」は市民をはじめ、多くの方からご好評いただきました。 そこで、今年はこの「ハマカレー」を、横浜の地域振興の一翼を担う事業として発展させ、元気な飲食店を巻き込み、オール横浜として「横浜が元気!」と言わせるカレーのまちおこしとしての事業展開をしていきます。今年の「ハマカレー」はシティセールス(観光集客)につながる話題性のある活動として、横浜市より横浜観光プロモーションフォーラム認定事業となり、中田市長がハマカレー制作委員会名誉顧問を務めていただけることとなりました。

今年は、
1.ハマカレー発掘事業として、横浜市内のおいしいカレー店(飲食店・ホテル等)を市民から推薦してもらい、「ハマカレー」と認定し「ハマカレー」認定シールを貼っていきます。最終的には、ハマカレーマップを制作し市内外での配布やWeb上で公開しカレー店を紹介します。
多くの市民・観光客に横浜のおいしいカレー店やカレー自体を知ってもらいます。(目標100店舗)

2.横浜ご当地カレー「ハマカレー」創作事業として、ハマカレーを創作する意欲のある横浜市内の料理人(カレー店、飲食店、ホテル、料理研究家等)を募集します。応募いただいた方の中からハマカレー制作委員会の審査を経て1~2名を決定します。
カレーの達人を加え、これぞハマカレーたる本格的なカレーを創作し、発表、販売します。

実施概要
ハマカレー制作委員会の目的
 ・カレーによる横浜の活性化
 ・横浜ご当地カレーの創造
 ・既成概念にとらわれることのない、最先端のカレーの探求

【事業名称】 元気な横浜にはカレーが似合う!
「横濱カレーシティ・ムーブメント」
【実施期間】 2004年7月~10月 ※イベントは10月まで、マップ配布やWeb展開は2005年3月まで
【主催】 ハマカレー制作委員会
【共催】 横濱カレーミュージアム
【後援】 横浜市・(財)横浜観光コンベンション・ビューロー
伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合(予定)

【ハマカレー制作委員会】 予定(2004年7月2日現在)
 名誉顧問 中田 宏(横浜市長)
 委員長 田代昌史(社団法人横浜港振興協会参与)
 運営委員 山崎洋子(作家)
山田一廣(ノンフィクション作家)
中川憲造(グラフィックデザイナー)
加藤昇一(伊勢佐木町商店街理事長)
佐々 徹(横浜商科大学商学部教授)
鈴木信晴(横浜001グッズ代表)
西嶋文明(横濱カレーミュージアム常務取締役
(順不同)
 委  員 小野員裕(横濱カレーミュージアム名誉館長)
井上和人(スパイス研究家)
フルタニマサエ(料理研究家)
西澤 豊(時事通信社横浜総局)
両角晃一(朝日新聞社横浜総局)
伊藤憲二(東京新聞横浜支局)
松本 努(神奈川新聞企画開発局企画部長)
小宮邦安(テレビ神奈川)
石脇 剛(横浜ウォーカー編集部)
岸野順子(サンケイリビング新聞社エリア事業局横浜統括本部編集長)
榎本敏夫(TBSラジオ&コミュニケーションズ横浜支局長)
内藤寛之(アールエフ・ラジオ日本営業部長)
他市内マスコミ各社

募集事業内容
●ハマカレー発掘事業
ハマの美味しいカレー大発掘「ハマるカレー」大募集!
募集内容 横浜市内の美味しいカレー店を募集
応募規定 横浜市内でカレーをメニューにしている、又は今後メニューにする店舗で「横浜を代表するカレー」として認定できるようなカレーの募集(カレーライスはもとより、カレーうどん・カレーパン、カレーのスパイス等でも可)
※飲食店、喫茶店、ホテル、蕎麦屋等なんでも可
※チェーン店舗不可(5店舗以上同名店を持つ店舗)
応募資格 年齢、性別、国籍、居住地など一切問わず。自薦、他薦は問わず
応募方法 郵送またはEメールで所定のフォームでお申し込みください
※横濱カレーミュージアムのホームページで応募用紙をダウンロードできます
応募締切り 2004年9月10日(金)当日消印有効
応募・お問合せ先

ハマカレー制作委員会事務局
〒231-0045横浜市中区伊勢佐木町1-2-3(横濱カレーミュージアム内)
 TEL045-243-6274 FAX045-250-0835
 E-mail:[email protected]
 担当:中川、丸山
ホームページ 横濱カレーミュージアムホームページ:http://www/currymuseum.com

「ハマカレー」の認定について
認定基準 ・カレーに関する専門家による味の審査(味)
・横浜の代表となる味、又は店である(横浜の顔)
・地元の人に人気がある(人気度)
認定方法 「ハマるカレー団」を結成。応募いただいたカレー店を「ハマるカレー団」が実際に試食。上記の基準をクリアしたカレーを制作委員会内の認定委員会にて承認・認定します。
認定報告 「ハマカレー認定シール」と「認定書」を進呈。9~10月を予定
認定メリット

認定されたハマカレー店の情報を公開したマップを作成し、市内の観光案内所や行政施設などに配布。横濱カレーミュージアムHP上で紹介(横浜観光コンベンション・ビューローHPにもリンク)10月以降を予定

●横浜ご当地カレー「ハマカレー」創作事業
カレー達人によるハマカレー創作大プロジェクト「カレー創作料理人」大募集!
募集内容 一緒に新しいカレーを創る意欲のある料理人を募集
応募規定 ・横浜を愛する人
・カレー創作に意欲のある人
・和、洋、中料理ジャンルは問いません
・個人、法人もしくは店舗での参加も可
応募資格 横浜市内に在住・在勤の調理人・料理研究家
創作テーマ 横浜スペシャルカレー、開港カレー、最先端のカレーなど
応募方法 郵送またはEメールで所定のフォームでお申し込みください。履歴書添付
※横濱カレーミュージアムのホームページで応募用紙をダウンロードできます。
応募締切り 2004年8月9日(月)当日消印有効
応募・お問合せ先
ハマカレー制作委員会事務局
〒231-0045横浜市中区伊勢佐木町1-2-3(横濱カレーミュージアム内)
TEL045-243-6274 FAX045-250-0835
E-mail:[email protected]
担当:中川、丸山

「ハマカレー」の創作活動について
料理人の選考 ハマカレー制作委員会内の選考委員が面談をします。カレーへの情熱、今までの実績、これから創りたいカレーの夢などを語っていただきます。
創作活動の手順
1.合格したチーフ料理人を中心にカレー達人たちを加えたスペシャルチームの結成
 ※カレー達人とは/小野員裕(横濱カレーミュージアム名誉館長)
 井上和人(スパイス研究家)フルタニマサエ(料理研究家)
 井上岳久(横濱カレーミュージアムプロデューサー)料理学校先生等

2.創作活動:8月下旬~9月上旬にかけてカレー創作活動、9月下旬に完成
 創作テーマ:横浜スペシャルカレー、開港カレー、最先端のカレー

3.認定:ハマカレー委員による認定作業
 ※認定基準として
 1多くの方が食べておいしいといわれるのも(味覚度)
 2横浜の代表・名物となるものへのこだわり・思い(横浜のご当地度)
 3値段が大衆的である(経済性)
認定後及びメリット
・横濱カレーミュージアムでの期間限定発売
・認定されたハマカレー店マップを作成し、市内の観光案内所や
 行政施設などに配布。横濱カレーミュージアムHP上で紹介
 (横浜観光コンベンション・ビューローHPにもリンク)10月以降を予定
・レシピ公開し市内の飲食店でメニュー化できるよう展開
・自分の飲食店で「ハマカレー」のネーミングが使用できます。