ロワイヤルポークカレー(ハーフ)
きのことチキンの赤ワインカレー(ハーフ)
本日のデザート
ソフトドリンク
お土産(レトルトカレー)
1,000円
食前酒・本日の前菜・本日のサラダ・ケサディア
本日のお魚料理・本日のお肉料理
ロワイヤルポークカレー(ハーフ)
  又は
きのことチキンの赤ワインカレー(ハーフ)
本日のデザート・ソフトドリンク
5,000円
和風出汁を使用し、すき焼きに欠かせない牛肉、
豆腐、しらたきなどの具が入ったカレー。
福沢諭吉に関するエピソードをもとに創作。
1日20食限定・900円

 福沢諭吉とカレー
1860年、諭吉は「華英通語」という英語と中国語の辞書に訳語と英語の発音を加え「増訂華英通語」を出版。この中で“Curry”を“コルリ”と紹介しており、これが日本で初めてのカレーという言葉の登場となる。
 福沢諭吉と牛肉
諭吉は「福翁自伝」の中で、仲間と牛鍋屋で牛肉を食べ、大酒を飲んでいたと述べている。当時は肉食禁止令が度々打ち出され、牛肉を食べる人は少なかった。しかし、諭吉が食の近代化を目指し肉食啓蒙の宣伝文を書き、天皇が牛肉を試食したと報じられると一気に牛肉食ブームに火がつき、巷に牛鍋屋があふれるようになる。
これらのエピソードをもとに、せんば自由軒が牛鍋カレーを創作しました。



1つ上にに戻る

カレーミュージアムトップへ