日本初!地ビールミュージアムオープン 日本初!地ビールミュージアムオープン
2005年5月8日(水)~9月20日(火)
日本全国から厳選した地ビールが100種類以上!!カレーに良く合う地ビールを色々飲み比べできます。

地ビールマップ
北海道
ビール
・石狩番屋の地ビール カナダ風レッドエール (石狩ビール) 
・石狩番屋の地ビール 加夢加夢ピルスナー (石狩ビール) 
・十勝ラガー (十勝ビール)
東北
ビール
・いわて蔵ビール ペールエール (世嬉の一酒造)
・いわて蔵ビール レッドエール (世嬉の一酒造)
・いわて蔵ビール ヴァイツェン (世嬉の一酒造)
・いわて蔵ビール パッションエール (世嬉の一酒造)
・いわて蔵ビール ブルーベリーエール (世嬉の一酒造)
・みやもりワサビエール (宮守ブロイハウス)
・みやもりワサビワサビドライ (宮守ブロイハウス)
・奥州仙台支倉常長麦酒 (長沼ウイングガーデン)
・奥州仙台伊達政宗麦酒 (長沼ウイングガーデン)
・田沢湖ビール ピルスナー (わらび座)
・田沢湖ビール ケルシュ(わらび座)
・いちごラガー (宮城マイクロブルワリー)
関東
ビール
・多摩の恵 ペールエール (石川酒造)
・多摩の恵 ピルスナー (石川酒造)
・多摩の恵 ボトルコンディションビール (石川酒造)
・マサラビール (横浜ビール)
・ペルリビール (横浜ビール)
・ハバネロビール (横浜ビール)
・濱梨ビール(横浜ビール)
・ビエルド横濱(横浜ビール)
・マリンブリュー スタウト (厚木ビール)
・ハニーエール (厚木ビール)
・サンクトガーレン ゴールデンエール (サンクトガーレン)
・サンクトガーレン アンバーエール (サンクトガーレン)
・サンクトガーレン ブラウンポーター (サンクトガーレン)
・サンクトガーレン ペールエール(サンクトガーレン)
・さがみビール アルト(黄金井酒造)
・さがみビール ケルシュ (黄金井酒造)
・湘南ビール 湘南リーベ (能沢酒造)
・湘南ビール 湘南ビター (能沢酒造)
・湘南ビール 湘南ルビー (能沢酒造)
・オゼノユキドケビール 黒 (龍神酒造)
・オゼノユキドケビール ホワイトバイツェン (龍神酒造)
・サツマイモラガー (小江戸ブルワリー)
・ヴァイツェン(小江戸ブルワリー)
・ミッターバウアー (小江戸ブルワリー)
・グリーンティーラガー (小江戸ブルワリー)
・リンゴミュニッヒ (小江戸ブルワリー)
・佐倉香りの生ビール (佐倉ロコビア)
・富士桜高原麦酒 ラオホ (富士観光開発)
・富士桜高原麦酒 ピルス(富士観光開発)
・富士桜高原麦酒 ヴァイツェン (富士観光開発)
北陸・中部
ビール
・アンバーエール(南信州ビール)
・ゴールデンエール (南信州ビール)
・諏訪浪漫ビール くろゆり (麗人酒造)
・諏訪浪漫ビール りんどう (麗人酒造)
・諏訪浪漫ビール しらかば (麗人酒造)
・ディオスピルスナー(越の磯酒造)
・ディオスダークエール (越の磯酒造)
・ディオスアンバーエール (越の磯酒造)
・ドラゴンエール (信濃ビール)
・黒姫スタウト (信濃ビール)
近畿
ビール
・国乃長アルト(寿酒造)
・国乃長ケルシュ (寿酒造)
・心友ビール (エー・ジェイ・アイビア)
・恋ビール (エー・ジェイ・アイビア)
・恋恋ビール (エー・ジェイ・アイビア)
・ヴァイツェン (エー・ジェイ・アイビア)
中国・四国
ビール
・鬼太郎ビールアルト(夢みなとビール)
・ケルシュ (夢みなとビール)
・ブラーヴォ!かんたビール (夢みなとビール)
・ビアへるん ペールエール (島根ビール)
・ビアへるん ピルスナー(島根ビール)
・ビアへるん ヴァイツェン(島根ビール)
・フルーツ独歩 ピーチピルス (宮下酒造)
・フルーツ独歩 マスカットピルス (宮下酒造)
・独歩ビール シュバルツ (宮下酒造)
・独歩ビール ピルスナー(宮下酒造)
・三次ベッケンビール ヴァイツェン (三次麦酒)
・三次ベッケンビール ピルスナー(三次麦酒)
・三次ベッケンビール デュンケル (三次麦酒)
・オッターフェストビール (旭酒造)
・伊予相スパークリング (梅錦ビール)
・梅スパークリング (梅錦ビール)
・さぬきビール ケルシュ (香川ブルワリー)
・さぬきビール アルト (香川ブルワリー)
・さぬきビール スーパーアルト (香川ブルワリー)
九州
ビール

・ダークラガー(熊本クラフトビール)
・ピルスナー(熊本クラフトビール)
・ゴーヤDRY(ヘリオス酒造)
インド
ビール

・キングフィッシャー
・タージマハール
※2005年9月現在のラインナップです。内容は予告なく変更する場合がございますのでご了承下さい。
榊 弘太
ビール王国、ベルギー・ブリュッセルでビールの研究をし、
帰国後は醸造技術を修行。現在、横浜市の横浜ビール(株)で
醸造長として活躍。数々の賞を取得している
地ビール研究の第一人者。
榊 弘太
1994年の酒税法改正により、ビール醸造免許に必要な年間最低製造数量が引き下げられ、1995年に国産地ビール第1号が誕生、その後続々と地ビール会社が誕生した。 当初は、本場ドイツやベルギーの材料、醸造法により“ヨーロッパの味が日本で楽しめる”ビールといったものだったが、近年では地場産の原材料を使用したり、オリジナルの醸造法で“その土地ならではの味が楽しめる”ビールに変わってきている。 現在全国に約700種以上の地ビールが誕生している。


地ビール 大手ビールメーカーのビール
甘み、苦味の強いものなどさまざまな味。 食中酒として最適なすっきりとして淡麗な味。
材料 麦芽100%のビールがほとんど。地場産の水・麦を使用したものや果物、スパイスを使用した変わり種も増えている。 淡麗な味わいを作るため、米やコーンスターチなどの副原料が用いられているものがほとんど。
ビール酵母 ろ過、殺菌をせずに瓶詰めをするため、ビール酵母が活きたまま摂取できる。 賞味期限を安定させるためセラミックフィルターろ過でビール酵母除去されている。






カレーミュージアムトップへ