従来にはない調理法が認められ、1988年に「やきカレー」として特許を取得。欧風カレーの命ともいえるブイヨンは毎日8時間かけて丁寧にひき、牛肉や地鶏も別々に調理してからルゥと合わせるなど、緻密な仕事ぶりが光る。



柔らかく煮込んだ牛肉をブレンドし、チーズと卵を割り入れて焼き上げた「昔のやきカレー」と、カリッと焼けた皮も香ばしい「地鶏のやきカレー」。ブイヨンの風味が際立ち、チーズのまろやかなコクが旨みを一層引き立てる。

CLOSE